虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公式人気投票

久しぶりに公式HPで人気投票をするそうです。
期日は2月の19日から28日まで。
これまで各EPごとに新規登場人物が出続け大層な登場人物になっているはず。
面白い投票になりそうですね。

公式HPでは人気投票ページと告知の登場人物集合絵が掲載されています。
ベルンがそっぽむいていたり山羊さんが隙間を埋めるようにあちこちにいたりとお遊びが隠れています。

さて、誰に投票しましょうか。
マイナーどころに全弾ぶちこもうかと思います。

そういえばEP4の頃迄は人気投票支援オリスクを作ってましたね。
今回も久しぶりに作ってみましょうか。

PageTop

EP2が解けません

相変わらずEP2が解けません。

死体行動説を使えば密室関連をクリアするだけなら簡単なんです。

・礼拝堂は戦人がベアトとのやりとりで言った通り。
・朱志香と嘉音が殺された当時は楼座、源次、紗音がフリー
 殺害後嘉音を連れて出て朱志香に鍵を掛けさせればおk。
・嘉音が南條、熊沢を殺害
・南條、熊沢を行動させ紗音、譲治、郷田を殺害
 内一人を行動させ内鍵を掛けさせる
・南條、熊沢は役目を終え行動停止

以上で状況終了。

わからないのは犯人と動機です。
一番怪しいのは楼座。
礼拝堂から一人平気な顔して生き残っているし、朱志香、嘉音殺害時に席を外しているし最後まで襲われないしでもう怪しむなって方が無理。

しかし、楼座を犯人として見るとおかしいところもいくらかあるのです。

・偽カノンが出た時に偽カノンが「楼座が犯人」と言い放っていること。
 楼座が犯人で嘉音に犯行を実行させているのならば嘉音はこんなこといいません。
・犯人を作ろうとしていないこと
 楼座が犯人ならば自分が犯人と指摘されないように身代わりを立てなければいけません。
 郷田が「嘉音のようなもの」と状況を説明した際にそれに乗っていれば嘉音を犯人とすることができたはずですが
 それをせずに郷田達を追いだしています。

EP2を楼座の仕業であるとするといかんせん一本筋の立った動機が見えないのです。
他のEPなら黄金の譲渡、魔女の立証、復讐などと言った動機が考えられるのですがEP2は
正直いきあたりばったりに見えます。

うーん。わからん。

PageTop

死体行動説はファンタジーか?

ここ数日公式や某所に自説をまとめて投稿してきました。
これまでも何度か自説をまとめてはいましたが、まとめるたびに新しい発見があったりします。
いくらか反応ももらえて参考になりました。

色々反応をもらえた中でもっとしっかり根拠固めをしなくてはならないと思ったのが

『死体が動くなんて魔法(ファンタジー)じゃないの?』

と言う反応です。

私はその点をまとめてみました。


まず、確実なのは魔法ではないこと。
姉ベアト―偽カノン―悪食島の悪霊 には『蜘蛛の巣』と言う共通点があります。
この共通点からこれらが同じ物を指しているとすると、六軒島が悪食島と呼ばれている頃から
この現象が観測されていることになります。
魔法は魔女が使うものなので、これでは順番が逆になってしまいます。
つまり魔法ではないと言う事になります。

では、死体が動く現象はファンタジーか?
ファンタジーと言う定義がよくわからないので線引きが難しいのですが、
死体が行動すると言う前提で杭の存在理由を考察した時、杭とは死体の行動を制御するものの一端ではないかという考察ができます。
古くから現象が観察され、その対処が伝わっており、さらに道具によって制御する方法が存在する以上、
これはファンタジーではなく、人間によって制御できるテクノロジーであると考えます。

そして最後に未知のテクノロジーの存在が許されるかどうかですが、これは各自の考え方によるものになってしまいます。
私はこれまで考察してきたように死体が行動しているのではないかと言う描写と根拠を提示してきました。
自分ではこれだけ材料があれば死体が行動していることは考察可能でありフェアであると考えています。


自分の考えを他人に理解してもらうことは物語を考察するよりも難しいですね。
うまく自分の考えを伝えられないとオリスクなどをつくっても面白いものができないので一層の精進をしたいと思います。

PageTop

EP4では何故金蔵が手紙を持ってきたか

EP4では他のEPと異なり、真里亞が傘を受け取ったのはベアトではなく金蔵であるとされている。
なぜEP4だけ違うのか。
その何故に答えが出ました。

まず、EP4の構造について述べる。

前提として以前述べたように猫箱の定義をはっきりさせておく。
まとめると「観測者が居ない場合、魔法幻想に修飾されることがある」と言うこと。

EP4では22:00に金蔵が現れて以降シエスタやワルギリアが出てきて好き放題している。
さすがにこれは現実とは考えられないので魔法幻想だと思われる。
これが魔法幻想である場合、前に述べたとおり屋敷の中には観測者が居ないことになる。
つまり、屋敷の中に居る人間は全て死んでいる。
(死体行動説を取らない人は全ての人間が真実を外に出さないよう口裏を合わせたでもいい。
 ただしEP8の山羊さんよろしくウィルに斬られても知らないが)

EP4ではその後、魔法幻想の様子を戦人たちに電話で知らせてきたり、郷田・熊沢が直接伝えにくる。
これは、猫箱を逆手に取った行動で、戦人たち猫箱の外の観測者に情報を電話なり口頭で伝えることによって、猫箱の中身を自分の望むように確定させてしまうためと考えられる。

そのため、目的のためには観測者が伝えた情報を信じなければならない。
22:00時点の金蔵は碑文の謎解きでの後継者選びの中止を宣言している。
これを信じさせるためには、あらかじめベアトが手紙と傘を渡したと言うよりも
金蔵が渡したと言うことにして、金蔵の仕業であるということを強調した方が信頼度が上がると判断したためと思われる。

よって、EP4では真里亞の手紙は金蔵が渡したと言うことにされているのである。

PageTop

ベルンのゲーム

EP8でちょいと疑問なのがベルンのゲームです。
戦人が理詰めで解いて解けたー!と勝利宣言してますが、はて。
ベルンの敗北宣言はありましたっけか。
戦人は勝った気でいますが、実際にベルンが想定している犯人は違う可能性はないでしょうか。
負けずギライのベルンにしてはあまりにもあっさり解けてしまうゲームでした。

その後に出てきたヱリカは言います。
「殺人を犯したのがいつかは言ってないし!」
その理屈で譲治一家が犯人である可能性も示します。

ベルンのゲームはルールがきっちりしていますが、逆に言えばそのルールしかないんですね。
そのルールさえ満たしさえすれば後はなんでも有りと言うのは実は他のゲームと同様なんです。
フーダニットのみを追求というシンプルさゆえにパズルのように解けると考えてしまいますが。

残念ながら「犯人が死ぬことはない。」と言うルールが邪魔ですが、
この一文さえなければ死体行動説を適用して全ての人間が犯人にすることもできますね。
検死がまったく意味なくなりますので。

結局、うみねこの答えは一つじゃないよ。と言うメッセージなんじゃないかと思います。




と、言った舌の根乾かないうちに全く逆の結論になる考察も。

ベルンとのゲームを終えた戦人とベアトはフェアだったフェアだったとベルンのゲームをほめたたえます。

みなさん準備はよろしいですか。はい、ご一緒に。


「お前らのゲームはフェアだったんかい!!」


この後に及んでまだモヤモヤと考察を続けている鬱憤は晴らせましたでしょうか?

でも、戦人達のベルンの褒め方は「同じだね。同じだね。」と言っているようなものです。
それが本当ならば戦人とベアトのゲームも自分たちが解いたように理詰めで唯一解が得られるということです。


自分で考察しといてなんですが、複数解か唯一解か、どっちや。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。