虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うみねこのなく頃に 感想

『うみねこのなく頃に』をようやく読了しました。
プレイ時間はトータルで8時間ぐらいでしょうか。

ネタばれのないおおざっぱな感想・評価としては
『たいへんよくがんばりました』
と言ったところでしょうか。
お話、演出、システムふくめてね。

以下細かい感想は以下からどうぞ。

○お話について
 ひぐらしと一転、おおはばに路線が変わったように思えます。
ギャグや日常パートが少なく、その代わりに密室などのミステリを全面におし、後半の非日常パートを強くおしてきた感じ。
 ひぐらしは日常パートと非日常パートのバランスがよくそれだけにギャップに驚かされたものですが、ひぐらしによって読者が慣れてしまった近作では、このバランスはやむを得ない選択なのではないでしょうか。

 ただ、そうだとしても日常パートがちょっと弱いかなと。
人物と状況の説明に終始してしまった感あり。不満。
次回からはこの点の問題が解消されるはずなのでどう描かれるか楽しみにします。

○キャラクター
 お気に入りはシャノン。
どうして富竹といい、ジョージといい、あの手の顔と私の好みがかぶるのか。

 なんだろう、鷹野との共通点は。
おっぱいと事件への関与度?(私の独断では)
バストアップのシーンでは思わず声が出てしまった私最低。

 全体的に強い魅力や個性をもったキャラが少ない感じ。
それが遺産相続などの背景テーマなどと相重なって感情移入しづらいです。
 どのキャラも嫌いではないので考察などしてるうちにボチボチ好きになるかもしれません。

 後、郷田みたいな嫌われキャラはあえて立ち絵をカットした方が効果的だったかもしれません。

○演出
 大幅にパワーアップしてましたね。
dllも使って動的な演出が多くなりました。
アイキャッチ時の時計の演出などは非常に感心しました。
右クリック時のシステムなんかもとてもよかったです。
ちょっとセーブ時にクリック数が多くなって面倒かな。
まあ、もともと頻繁にセーブするたぐいのゲームではないので許容範囲内ですが。
 基本的な立ち絵の出し入れなどももはやベテランの域。
そつなくこなしていました。
ただ、音楽が無音状態のシーンが多く、それは少しいただけないかなと。
また、クリックを受け付けない暗転も長く、もっと短くていいと思います。
特に音がない状態で暗転が長引くとフリーズしたかと思っちゃいますので。
テレビ・ラジオなんかだとこう言う状態を放送事故と呼びますね。


 トータルでは新作を送り出すための熱意のこもったよい作品だったと思います。
が、まだ不満てんもあり、次回に期待と言ったところでしょうか。
 比べるのはどうかとも思いますが、やはりひぐらしに比べるととなってしまいます。
 キャラのひぐらし、ネタのうみねことなるように次回作以降に期待します。



考察などはまた後日。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。