虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

短編)カラスどんともみの木まつり

ひさびさにオリジナル短編。
クリスマスイブに負け犬がお送りするハートフルストーリー。
おうちのお子さまにぜひ読み聞かせてください。

続きを読むからどうぞ

 森にも雪がふりはじめ とうとう 白い冬がやってきました。
このきせつになると森のみんなはそわそわしだします。
そうです。このきせつには 森の大きなおまつり もみの木まつりがあるのです。
 もみの木まつりとは 毎年 このじきの きまった日に むかしむかしの えらい人をいわって もみの木をかざっておいわいをしおようという日です。
この日には 森のみんなが それぞれ じまんのもみの木をもちよって みんなで楽しむのです。
 それはカラスどんもれいがいではありません。
カラスどんは この日のためにあつめた きれいな石や めずらしい木の実を もみの木にかざりつけます。

「やあ とてもきれいなもみの木になったぞ。
 これなら きっとみんなぼくをほめてくれる。
 みんながぼくのまわりにあつまって 口ぐちにほめたたえるんだ。
 そして 男からはみつぎものを 女の子はみんな 私を彼女にしてーってせまられるんだ。
 ああ どうしよう」

 どうしようって どうしようもないことを カラスどんはもうそうしだしました。
どうやら 少しげんかくも入っているようです。
いったい カラスどんのどこから あんなえたいのしれない自信が出てくるのでしょう。
 そんなこんなで とうとう もみの木まつりです。
カラスどんはいつもいっしょのなかまと じまんのもみの木をかかえて 森の 広ばへとくりだしました。

「やあ 子どもたち りっぱなもみの木をもってきたね」

 ものしりフクロウおじさんです。
フクロウおじさんはこの森 一ばんのいんてりさんで べんきょうばかりしているから こんきをにがしたといわれているおじさんです。

「ホッホッホ 子どもたち こんなはなしをしっているかな?」

 さあ 今日もおじさんのウンチクタイムです。

「あのな いまのもみの木まつりはな せいかくにいうと 日づけがちょっとちがうんじゃ
 せいかくにいうと 10日ほど前が えらい人がおうまれになった日なんじゃ。
 わしはちゃんとそれがわかっているから もうもみの木まつりを せいかくな日にすましてしまったもんね。 ホッホゥ」

 カラスどんとみんなは心の中で

「そんな細かいことにこだわっているから かのじょどころか女友達すらできねーんだよ」
「こんなところでガキのあいてなんかしてないで みあいでもしてろよ」

 と こえにだすとシャレにならないつっこみをします。
 話出すと止まらないフクロウおじさんはほっといて 森のみんなはさっさと広ばへむかいます。

 広ばではもう おまつりがはじまっていました。
ミドリのもみの木に アカ アオ キイロのきれいなかざりをつけてとてもはなやかです。
広ばのまんなかでは 森のおんがくたいが にぎやかなおんがくをかなでます。
 みんなは もみの木を見てまわったり おんがくにあわせておどったり 楽しいおまつりのじかんをすごします。

 でもざんねんなことに 楽しいじかんもすぐにすぎてしまい そらには星がかざられました。
よい子は もういえにかえらなくてはいけないじかんです。
もちろん カラスどんたちはよい子なので いえにかえります。

 ところがその時です。
タヌキどんがまたいらんことに なにかを見つけてさわぎだしました。

「ネーネー みんな!アレ見て アレ!」

 そう言うタヌキどんのゆびのさきは あるもみの木をさしているように見えました。
しかし どうでしょう。

「あー!」
「ああーー!!」
「あああああああぁーーーー!!!」

 森のみんなが見たもの それは もみの木のこかげでいちゃつく男と女。
つうしょう『つがい』どもです。
それも ひとつがいではありません。
よくよく見ると あちらの木にも こちらの木にもいるではありませんか。
やはりひとつがい見たら その三ばいはいると思わなければいけないようです。
 見ていると つがいどもはいつもよりもよぶんに いちゃいちゃしているようです。
そんなようすを見て とうとうカラスどんはぶちぎれました。

「てめーら イベントだからって ベタベタくっつくんじゃねーよ!」

 カラスどんの心のさけびです。
それをきいて なかまたちも口ぐちにやじりだしました。
しゅうだんしんりです。

「てめー こんな時じゃねーと口説けねーのかよ!」
「女もふんいきだしてんじゃねーよ!!」

 つがいたちは みにおぼえでもあるんでしょうか。
そそくさとどこかへ行ってしまいました。

 それでもカラスどんたちは まだおさまりません。
みんなで口ぐちに つがいどものわるぐちをいいながら いえにむかいました。
さすがにカラスどんも いえにつくころには さっぱりときげんをなおしていました。

 そしてその夜。
カラスどんは みんなにしゅくふくされながら すてきなかのじょと もみの木まつりをすごすゆめを見ました。




○お母様からお子様へのお話のポイント

・カラスどんは自分について自意識過剰ですが大丈夫でしょうか
・フクロウおじさんはどのようなところが悪くてみんなに嫌われているのでしょうか
・また、どのようにしたらなんとか結婚できるようになるでしょうか
・イベントを利用して雰囲気を盛り上げるカップルはどのように殲滅するべきでしょうか
・近頃、自分で自分の首を絞めているような気がするんですが気のせいでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。