虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うみねこのなく頃に 散

これがうみねこのなく頃にの最後の考察になります。

これまで私はこのブログでうみねこのトリックは”死体が動く”ことであると考察してきました。
そして、一つ前の記事でうみねこの世界は創作された”ミステリ”であると考察しました。

一番最後に考察しなければならないこと。
それは 『なぜ自分はうみねこのなく頃にの考察を行っているのか?』と言うことです。

EP1,2と読み進むうちに私は「この家族たちは本当はみんないい人達なのではないか」と思うようになりました。
できることならばこの中から悪意を持つことなくみんなが仲良くできる結末を望むようになりました。
そのためにはまず考察を行い、六軒島で何が起こったのか把握する必要があります。
それが私が考察を行う理由でした。

さて、EP8において八代により六軒島の真実は封印されました。
もう六軒島で起きた出来事は完全に猫箱の中。
どんな説が出てもそれを完全に証明することはできないのです。

つまり、これから先は自分の望む六軒島を、物語を読んだ各個人が創造していく必要があるのです。
六軒島が爆発したことは外部から確認されたことなのでそれを守らなければなりません。
しかし、ルールはそれだけ。
どんな物語でも書くことができるのです。

これまでのうみねこのなく頃にはヤスによるミステリでした。
しかし、これから先を紡ぐのは自分です。
ヤスにつきあってミステリをするもよし。
全く別の物語をするもよし。


例えば私ならこう書きます。
私は誰にも犯人になって欲しくないし、みんなが仲良く力をあわせていて欲しい。
だからうみねこをファンタジーにして人間vs魔女にしてしまいましょう。

『仲良く楽しんでいた親族会議、そこに突然現れた”ベアトリーチェの家具”を名乗る存在。
彼らは夏妃や留弗夫たちを石に変え、真里亞を連れ去ってしまう。
残された子供たちと楼座は真里亞を取り戻し、石に変えられた夏妃達を戻すために黄金郷へ行くことを決意する。
黄金郷へ行く唯一の方法は六軒島に隠された黄金と火薬の力で現実と黄金郷の境界を吹き飛ばすことだとゴールドスミスと名乗る老魔術師は示唆するのであった………』

これが私のうみねこのなく頃に。

もう、うみねこはミステリにしばられる必要はなくなりました。
プレイした全ての人一人ひとりに一つずつの物語があり、そうしてうみねこのなく頃には散っていくのです。



私は私の黄金郷へ行きます。

みなさんさようなら。
今までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年10月29日(Sat)11:51 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。