虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手紙の差出人

今更すぎて考察というのもアレですが、気づいたことのメモ程度に。


EP7でヤスは碑文を解き源次によって金蔵の子と告げられます。
その際ヤスは金蔵から当主の指輪を受け取っていたはずです。

さて、EP1~EP4にて、夕食時にベアトリーチェの手紙が一同に公開されます。
その際、封筒の封は当主の黄金の指輪にてなされたとされています。
この封については複製などの可能性も考えることはできますが、
EP7での話から考えるとヤスがゲームをスタートさせたと考えることができるでしょう。
つまり、あの手紙の差出人はヤスだった訳です。なるほど。

そう考えるとEP5で碑文を解いた後の手紙もヤスと言うことになります。
死体行動説で解せばヤスが金蔵に託した手紙を扉の前に置かせたのでしょう。
手紙の差出人がヤスであるとすると、その手紙の内容からヤスは戦人を認めたと言うことになります。
EP7で語った自身の動機からすると、ヤスは殺人を諦めたはずです。
しかし、実際にはEP5でも事件は起こった。
ヤスは行動を完了しているので、事件を起こしたのは別人と言うことになります。

やはり犯人はヤスではなく、動機もまた別のところにあると考えるべきでしょう。

また、EP1,EP2などで第二第三の封された手紙は見つかりますが、文体はちがっています。
これは違った人物が違った目的で手紙を出したということが考えられます。
第一の手紙以降で碑文を解いた人物がいるということです。
やはり各EPで犯人はちがっていると考えるべきだと思います。

犯人はヤスではなく、ヤスの動機が動機ではなく、ヤス自身が動機であると改めて主張させていただきます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。