虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

犯人はヤスではない

犯人はヤスではありません。

EP7にてクレルがライト卿に斬られます。
話の流れからクレル=ヤス=紗音と考えそうになりますが、
その後に提示される情報によってそれを否定することができます。

クレル≠ヤス
クレル≠紗音

ただしヤス=紗音は否定できません。


考察の基点は物語の終盤。
ベルンによって理御の世界のその後でも六軒島の人間が皆殺しになっている事がわかります。

もしもクレル=ヤスであればこれはおかしい。
理御の世界でも犯行が起きるのであれば、EP7で語られたヤスの半生は六軒島の惨劇に関係がないことになります。
つまりヤス≠犯人であると言うことがわかります。

しかし、調査をしていたライト卿の発言からヤスが『動機』部分に関わっているということも疑えます。
ヤスは犯人ではない。しかし動機である。
これはどういう事かと考えていけば、ヤスの存在が犯人を犯行に走らせているということがわかります。

では、ヤスの何が犯人の『動機』となっているか。
ヤスの世界でも理御の世界でも惨劇は起きています。
ヤスと理御の共通点は何か。

『ベアトリーチェの子供』

と言うことです。

『ベアトリーチェの子供』がいると言うことが犯人の動機になっていると考えられます。
ベアトリーチェの子どもがいると、なぜ六軒島皆殺しにつながるかはわかりませんが。


犯人:未解
動機:ベアトリーチェの子供の存在
方法:死体の行動



EP6でベルンは抑揚をつけて読むと宣言しています。
EP7では思いっきりヤスを強調して読むことにより、本来『動機』だけだったヤスがまるで
犯人であり、方法であるかのように聞き手に受け取らせています。

だまされまいぞ。だまされまいぞ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。