虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

とても大雑把なまとめ

EP7前の大雑把なまとめ。
これも某所に投稿したものの転載・加筆です。

○六軒島では死体が動く現象がある
  これは生存者=観測者がいる場合猫箱が成立しないと考えた時に、
  実際に死体が動く描写があることから未知の現象ではない。
  そして、死体のコントロールも可能でありそれらを使ったのが各EPで起きている出来事である。

○ベアトは『死体が動く現象』、『黄金の魔女伝説による島の環境』の二つのルールからできている

○『死体が動く現象』は悪食島の悪霊であり、ベアトリーチェを名乗りそれを認められることで
  ベアトリーチェと言う存在になろうとしている。
  それが姉ベアトである。

○雛ベアトである『黄金の魔女伝説…』は『明日夢から生まれた戦人』のために存在する。
 『明日夢から生まれた戦人』は『右代宮家の人間の全滅』を望んでいるため、
 六軒島では殺人事件が起こりやすい環境になっている。

○雛ベアト自体は『九羽鳥庵で楼座が見たベアトの霊魂』である。

○物語の最後に起きているのは死体の暴走による『共食い』(=悪食)である。
 これにより全ての死体はグチャグチャになり、猫箱ができあがる。
 爆発はそれよりも後。

○六杭は死体の行動に関わる鍵

○悪魔の眷属は金蔵の周りの人間を見て、ベアトが欲した家族。
 例えば
  ロノウェ=源次
 ではなく
  ロノウェ=『忠実で頼りになる執事』=源次
 と言う立ち位置をモデルに悪魔の眷属は誕生している。

 他にも
  ワルギリア=『自分を庇護してくれる乳母』=熊沢
  ガァプ=『時には忠言を発してくれる親しい友人』=南條

 悪魔と依代各人は直接=で結ぶことはできない。

○戦人の罪
 戦人には過去にベアトの記憶はない。
 また、罪は戦人とベアトの間のものではないとの赤字もある。
 しかし、ベアトが戦人を責めるような態度やその存在が消える時の「うそつき」と言う言葉は
 この二人の間に何かがあることを示している。

 ここから考えられることは
 『戦人は6年前に誰かと関わりを持ち、その誰かが今のベアトになった』
 ということ。

 これまでの考察から悪食島の悪霊はベアトに成りたがっていると言う考察を行っている。
 それをここに当てはめることができる。

 これまで、ベアトリーチェが戦人に魔女の存在を認めさせたがっていたことも考えると、
 6年前の戦人の罪とは
 『六軒島の悪霊にベアトになることを示唆した』
 と言う事と考えられる。
 留弗夫関係で右代宮家に対して憎悪をもっていれば前述の『明日夢から生まれた戦人』を持ち出さなくても
 ベアトに今回の事件を起こす理由ができてしまう。

とりあえずこんな感じで。
他にも真里亞の薔薇や紗音・嘉音に渡したブローチについてなどもあるけど、このブログ内ですでに記述済みだし、
さほど重要なものではないので今回は割愛。


とうとうEP7の発売になりました。
このうちどれだけ当たっていることやら。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

負け犬先生頑張ってください

前々から拝見させてもらっていたものですが、ここ最近更新されてないようなので気になっています。
うみねこはEP7までやりましたが、考察などほとんど出来ておらず、負け犬先生の考察を見せて頂こうと思っています。
EP4辺りからよくうみねこをプレイし終わってからここで考察を見るのを楽しみにしていたので、簡単なものでもいいのでまた考察していただけることを楽しみにしています!

ハヤシライス | URL | 2010年11月04日(Thu)01:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。