虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

死体行動説 根拠その2 作中の物証

 死体行動説を裏付ける作中からの物証として『杭』をあげます。

 杭はうみねこにおける連続殺人の象徴のように存在し、例外はあるものの、碑文をなぞるかのように犠牲者の身体につきたてられて発見されます。
 しかし、碑文には「えぐれ」とは書かれていますが、「杭」を使えなどとは書いてありません。
刃物などで抉ってしまえば、凶器をわざわざ現場に残す必要はないのです。
故に、あの「杭」を使うからにはなんらかの意図があるはずです。

 まず考えられるのが「武器」としての用途。
しかし、作中の描写では武器として使うには不適切であるかのような描写がなされています。
さらに、やはり現場に残しておく意味があまりないこと。
抉ってしまえば「杭」自体は残しておく意味がありません。
故に、この可能性は却下。

 次になんらかのメッセージとして使われている可能性。
「杭」自体になんらかの意味があり、誰かにメッセージを送っているのでは?
しかし、これも少し怪しいものがあります。
まず、戦人はそのメッセージの意味を認識していません。
では、それ以外の誰かか?と言うことになりますが、戦人以外は全員死亡するタイミングがバラバラです。
ほとんどの人物がEPによっては杭を見ずに死亡するでしょう。
すると、何のために、誰に向かってのメッセージかわからなくなってしまいます。
よって、この可能性も却下。

 後に残る私が考え得る「杭」の存在理由は『刺すこと自体に意味がある』と言うものです。
杭に特殊な薬品が塗られている、刃の部分が特殊な材質でできている。
これらにより、人の肉体に刺すことによってなんらかの効果を得ているとしたら?

 例えば自白。
刺すことによって自白を得られる効果があるとか。


 もちろん私は死体行動説なので杭を刺すことによって死体を操作すると考えます。

 ただし、これではまだ答えとしては不完全で、杭を現場に残していく理由が説明できません。
そこで、もう一歩考えを進めて、杭の目的は『動いていた死体を止めるため』であると考えます。

 これによって、死体行動説の物証としての「杭」の提示を終わります。
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。