虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

EP5のグッドエンドと死体隠蔽の動機

 EP5にてゲーム盤の展開を見たロノウェが『愛がない』と評するシーンがあります。
ロノウェがEP5のどこを見てそのような感想を持ったのかなかなか興味深いところであります。

 さて、前の記事でうみねこにおける『愛』とは『信頼』であると説きました。
ロノウェのセリフからもこれがちょっとあてはまる様な気がします。
そして、その考えを発展させていったら、ゲストハウスの4人の死体消失についての動機につながっていったので、書き残しておこうと思います。

 EP5において19年前の男は夏妃に指示を与え、指示通りの行動によって夏妃の立場はどんどん危うくなり最終的には犯人扱いされてしまいます。
 話の流れを見るに、19年前の男は夏妃を殺人犯に仕立て上げることによって復讐を遂げようとすることが目的とも取れます。

 19年前の男の目的を夏妃への復讐と仮定した時に、19年前の男が一番困る展開が何か考えて見ましょう。
 夏妃が指示通りに動かない…、それも困るでしょう。
 ですが、最も困る展開は『夏妃が殺人を犯したと認められない』これではないかと思います。

 大変優秀な探偵様が理屈をこねくり回して『夏妃が蔵臼を殺した!』と結論づけます。
ところが、ここで『は? 奥様が旦那様を殺す訳ねーし』などと言われたら?

 『ゲストハウスの殺人は夏妃にしかできない!』と言っても、『奥様は厳しいけれども朱志香様を愛してました。殺すとか超ありえねー』などと言われたら?
 
 『夏妃は右代宮家を恨んでいた』と言っても『いやいや、旦那様を助けてよくやってたって。ありゃ愛がねーと出来ねって』などと言われたら?

 夏妃が信用されていれば、どれだけ名探偵様が理屈をこねても『そりゃないだろ、心情的に考えて…』となってしまいます。
 ある意味これがEP5のグッドエンドなのかもしれません。

 さて、そんなグッドエンドを回避しなければならないのが19年前の男です。
そのために、彼は何をしたか?

 ゲストハウスの死体と蔵臼の死体を隠したのです。

 もし、朱志香の死体を見て、激しく嘆き悲しむ夏妃を周りが見たとしたら?
それを演技だと言い切ることができるでしょうか?
そんな夏妃を見て、彼女が犯人だと言い切ることができるでしょうか?
 蔵臼の死体も同じ事。最後まで行方不明のままでした。

死体を隠すことによって心情的に夏妃の信頼度を上げないようにしたのです。


 私は死体行動説なので、死体隠しの目的は犯人の死体がなくなっても不思議と思われないこととしています。
もしくは、死体に操作の痕跡が見つからないためとも考えています。

 それらとは別角度の動機として、

 夏妃を信用させないため

と言う動機をここに提示します。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。