虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

EP1、絵羽の密室、嘉音の死

今回も『死体行動説』を適用した考察。

さて、依然私はEP4でこのような考察をしました。

EP4考察

『第一の晩でみんな死んでた』

 戦人はほとんどゲストハウスに居た訳で、実際起きていた出来事との接点は郷田・鯖と電話ぐらいしかありません。
そのため、第一の晩で本館に居る人間を全て殺し、必要な面子だけ行動させ、嘘を戦人に吹き込めばEP4になると言うものです。


 よく考えてみたら、これはEP4に限ったことではないことに気がつきました。
他のEPのように本編でも実は死んでいるキャラという物がいるのではないかと。
夜の間に6人以上殺すことも十分可能。
むしろ、ばれないのならば殺せるだけ殺しておけば、後々楽になる。
もちろん、殺した際の傷などがばれたら大変なことになりますからあまり大胆なことはできませんが。

 
 うみねこwikiによると、絵羽と秀吉が部屋にこもったのが16:00、死体が発見されたのが19:00。
この3時間の間に誰かが絵羽と秀吉を殺さねばなりません。
ですが、その間さすがに全員アリバイがあったと思うのです。
長時間抜けていたらさすがに疑われますし。

 よって、絵羽・秀吉の件で考えられるのは以下の通り。

1.嘉音
 様子を見に行った嘉音が絵羽と秀吉を殺した。
その後、絵羽と秀吉は動けるように処理され、嘉音が再度戻ってくるまでに魔方陣を書き、ベットと風呂で待機した。

2.絵羽と秀吉
 既に第一の晩に殺されていた。
作らなくてもいい金蔵の密室をわざと作り、話を混乱させて退場。

3.第一の晩の6人の内誰か
 ただし、外から南京錠をかけられているので、動けたか疑問。
嘉音と併せて考えれば、嘉音は絵羽の部屋ではなく、物置に行ったと考えてもいいかもしれない。

 嘉音が共犯だった可能性が非常に疑わしい物となっております。

 嘉音が死亡時に赤字で『全ての生存者にアリバイがある! さらに死者も含めようぞ!! つまり、島の如何なる人間にも死者にも、嘉音は殺せなかった!
と言われています。

これについても以前考察しました。

赤字がおかしい、おかしい赤字

ここに、もう一つ仮説を追加です。

5.嘉音は既に死んでいた
 嘉音は第一の晩の時点で既に死んでおり、夏妃の共犯として行動させられていた。

 問題点があるとしたら、ボイラー室で見つかった時に即死の振りをしていなかったこと。
南条に色々調べられたらまずかろうに。
いや、むしろ色々調べられずに、死因が杭であるように思わせるために即死の振りをしなかったのかも?
ちょっとこの点が納得いかない点ではあります。
この時の嘉音は何か言い残したりしていましたっけ?
それなら納得がいくんだけど。


 死んだ人間を思いの通りに動かせるって、動機なしに共犯を作り放題なので鬼のように便利ですね。
いいのか、これ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。