虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【オリスク動画】『うみねこ小劇場 北風と太陽』 &気になる動画紹介

 先日公開したオリスクをニコ動に投稿したのはよかったのですが、どこをどう間違えたのかエンコードの段階で激しく音ずれ。
直して再UPしなおしました。




もっとも、怪我の功名か、小さかった音を調整するやり方がわかったので、今までよりはマシになったと思います。
まあ、せいぜいマシ程度ですが。


 最近はオリスク動画がだいぶ増えてきましたね。
他の方が作られた物の中で、気になるものをいくつか紹介していきたいと思います。

 まず筆頭が、以前も紹介しましたが、『人狼のなく頃に』。
以前のFirast gameが終了したのも束の間、さっそくSecond gameが開始されました。



この筆の速さと原作の雰囲気の再現性はとても見習いたい。見習うべき。


 そしてオリスク短編3本



なんてこと。私と作風が完全に被ってやがる…ッ!
勝手に後を任せて私引退してもいいかな…。
作りはまだ荒いですが、今後数を作っていくとかなりうまくなるんじゃないでしょうか。この人。

 ラスト考察オリスク二本。





 考察・再現系が二本です。
 ひぐらしオリスクの頃にも『完結する前に竜の人に先駆けて回答編を作ることができたらCOOLじゃね?』と言う動きがありました。
私自身も完全には至ることはできませんでしたが、数本ほど作りましたし、他の方も祭囃し編の前後の違いはあれど、『自分なりの回答編』と言うものを作られています。
 現在、まだ問題編の途中ではありますが、考察はできますし、それに基づいた世界観でうみねこの世界を構築できるというのは非常にすばらしいことだと思います。
 間違いだってあるかもしれませんが、うみねこをリアルタイムで楽しむことのできる今でこそこういったものは作られるべきだと思います。
そう考えるとうみねこオリスクの旬は今とも言えるでしょうね。

 少しずつショートショート、考察系のオリスクの本数も増えて来ました。
もう少しオリスクの流れが太くなれるように私もがんばって行きたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

はじめまして

アチコチ、ブログ覗かしてもらっています。
コメ残していきますです。

アク | URL | 2008年09月23日(Tue)11:50 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。