虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あのお酒

金蔵が飲んでいたお酒についてつれづれ。
特に考察と言うわけではありませんが、豆知識として。
ネタ切れって言うな。

アブサン - Wikipedia

 物語序盤、金蔵が源次に作らせていたのはアブサンを使ったものだと思われます。
アブサンについて詳しいことは上記リンク等を参考にしてください。
 劇中毒々しい印象で書かれていますが、別に毒ではありません。
源次犯人毒殺説もおもしろいですが、根拠をこの記述だけにするとはずれる可能性大です。

 アブサンはヨモギのお酒です。
日本ではあまり有名ではありませんが、水島伸二のマンガ「あぶさん」のタイトルの由来であります。
 劇中にあった通り、水を入れると濁ります。
水で薄めることによって、アルコール濃度が下がり、アルコールに溶けていた油成分が析出するためだったからだったと記憶しています。
 アルコール度数はかなり高め。
独特な強いクセがあります。
なれないと正直臭いです。
 過去、幻覚を起こすとされ、製造が禁止になりました。
現在では幻覚成分を取り除いたのか、幻覚成分自体が否定されたのか経緯は良くわかりませんが、販売されています。
通販で取り寄せるか、ちょっとしたバーなら置いていると思いますので、飲むことが可能です。

 私は映画「フロムヘル」でジョニーディップがアブサンを使用しているのを見てアブサンにあこがれを抱いていました。
サイコメトラーであるジョニーが、犯人を幻視する時にアブサンを使っていたのです。
 ぬるま湯に浸かって、スプーンの上で角砂糖に火をともし、溶かした砂糖をアブサンに入れて飲んでました。
 ぬるま湯や火はトリップするための雰囲気作りだったと思います。
このシーンがとても印象的でした。

 後日、立ち寄ったバーでアブサンを見つけたので、それで一つカクテルを作ってくれと注文したのですが、普通に水割りで出されました。
大変アルコールが強く、クセがあるので一杯飲み干すのに苦労したのを覚えています。
 また、悪酔いしやすいので、帰り道記憶を飛ばしそうになりました。
もちろん翌日は酷い二日酔いです。
 過去の私の悪酔い履歴の中でいまだに上位に残っているお酒です。

 ので、うみねこをプレイしてアブサンに興味を持った人は、そう言うお酒だと言うことをよくよく承知の上で飲んでください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。