虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【EP3ネタばれ】碑文の解釈

 碑文について考察。
ネタばれ故続きを読むからどうぞ。

 EP3では碑文の謎についてようやく触れられましたね。
絵羽や楼座の台詞からたぶん二人はこのように考えたのではないかと思います。


○鮎の川…下りて鍵を探せ

 鮎は回遊魚、一度海に出てそして戻ってきます。
つまり、鮎の住む川は必ず海につながっているという事。
その川を下るという事は海に出るということです。

○川を下れば、やがて里あり…岸を探れ
 先ほども述べましたが、鮎の川を下れば海に出ます。
そして、そこを住処とする鮎にとっては海は里。
海まで下れということですな。
海の岸ということはつまり海岸を探れということになります。
二人が口にしについては正直わかりません。

 あとは多分文字遊び。六軒島か小田原かわかりませんが、海岸の名前を平仮名なりローマ字なり6文字に直して(第一の晩)半分ぐらいから切って(第二の晩)金蔵の名前を足して(第三の晩)指定された文字を消して(第4~8の晩)その結果が答え(第9の晩)そこにいけばゴール(第10の晩)
ってところじゃないですかね。


 たぶんこれが絵羽の思考トレース。
考えなくちゃいけないのは正確な答えじゃなくて『絵羽は本当に正解したのか?』ってことだと思います。
 なぜなら、碑文の3枚目に記された四つの宝。

一つは、黄金郷の全ての黄金。
一つは、全ての死者の魂を蘇らせ。
一つは、失った愛すらも蘇らせる。
一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。


 確かに、黄金は手に入りました。
しかし、死者の魂は蘇っていません。
失った愛はどこに行きましたか。
むしろ新しい魔女が目覚めてしまっています。


 出力がおかしいのならば入力かその過程を疑わなくてはなりません。
絵羽は本当に碑文の謎を解いたのか?
別解が他にあるのではないか?
EP3で解かれた碑文は疑う余地が残されていると思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。