虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【EP3ネタばれ】最後のベアトを擁護する

 EP3最後のシーンでのベアトを擁護いたします。

 ネタばれなので続きを読むからどうぞ。

 EP3をプレイして俺の涙返せとなった人向け考察。

 最後の最後でそれまでの展開をひっくり返し戦人をだまし討ちにしようとしたベアトですが、この展開には矛盾や不振な点があります。

 まず第一に本編中のベアトの発言。
詳細は忘れてしまいましたが、エヴァ・ベアトリーチェから誰かをかばうシーン。

「死ぬことには変わりないが、つかまらなければ死は一回だけですむ」

みたいなベアトの台詞。

 最後の黄金郷での話だと思うのですがおかしいよね。この台詞。
すっげー他人事。エヴァ・ベアトリーチェに後を譲ったので黄金郷にもエヴァが出てきます?
それだったら一回じゃすみませんわな。
 まるで、『エヴァでも自分でもない人がそれを行う』ような物言いです。
だとしたら、最後のベアトはベアトの皮を被った別人の可能性が。

 次に、お茶会のラムダの激昂。
うん、これはラムダが正しい。
 実際、エヴァはいいところまで戦人を追い詰めていたんです。劇中では。
それを潰して最後にリフォーム詐欺ばりの騙し手?
おかしいだろ。それは。
エヴァじゃなくて自分で戦人に認めさせたかった?
それにしては使う手がちんけすぎるでしょ。
縁寿が来る前に戦人はもう疑念を抱いてたし。

 つまり、あれはベアト自身の手ではないということ。

 これら二つの観点から黄金郷のベアトはベアトではないと述べさせていただきます。
んじゃ、あれは誰だって?
悪喰島の悪霊じゃね?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。