虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

犯人はヤスではない

犯人はヤスではありません。

EP7にてクレルがライト卿に斬られます。
話の流れからクレル=ヤス=紗音と考えそうになりますが、
その後に提示される情報によってそれを否定することができます。

クレル≠ヤス
クレル≠紗音

ただしヤス=紗音は否定できません。


考察の基点は物語の終盤。
ベルンによって理御の世界のその後でも六軒島の人間が皆殺しになっている事がわかります。

もしもクレル=ヤスであればこれはおかしい。
理御の世界でも犯行が起きるのであれば、EP7で語られたヤスの半生は六軒島の惨劇に関係がないことになります。
つまりヤス≠犯人であると言うことがわかります。

しかし、調査をしていたライト卿の発言からヤスが『動機』部分に関わっているということも疑えます。
ヤスは犯人ではない。しかし動機である。
これはどういう事かと考えていけば、ヤスの存在が犯人を犯行に走らせているということがわかります。

では、ヤスの何が犯人の『動機』となっているか。
ヤスの世界でも理御の世界でも惨劇は起きています。
ヤスと理御の共通点は何か。

『ベアトリーチェの子供』

と言うことです。

『ベアトリーチェの子供』がいると言うことが犯人の動機になっていると考えられます。
ベアトリーチェの子どもがいると、なぜ六軒島皆殺しにつながるかはわかりませんが。


犯人:未解
動機:ベアトリーチェの子供の存在
方法:死体の行動



EP6でベルンは抑揚をつけて読むと宣言しています。
EP7では思いっきりヤスを強調して読むことにより、本来『動機』だけだったヤスがまるで
犯人であり、方法であるかのように聞き手に受け取らせています。

だまされまいぞ。だまされまいぞ。

スポンサーサイト

PageTop

うみねこのなく頃に 翼

ようやく冬に出されるうみねこの情報が出てきました。
今回は驚きの三作。

本編であるうみねこEP8。
これまでの小冊子をサウンドノベルにした うみねこのなく頃に 翼
うみねこ格ゲーの 黄金夢想曲 

うみねこ最終作のEP8だけでも注目度が高いのにこれはうれしいサプライズです。

ここで注目したいのはうみねこのなく頃に 翼の存在です。
本来この冬コミでは最終EPが出るだけで話題性は十分なのに、それプラス格ゲー。
そう言ったことを考えるとこの『翼』の存在は過剰なのですね。

翼を出すタイミングとしては次の夏コミにおまけディスクとして礼的なものと同梱してしまってもいいはずです。
むしろおまけディスクのシナリオ容量から考えれば、本編より長くなることは考えにくいので
一緒にしてしまった方がバランスがいい。
作業的にも、時間的にもその方が楽なはず。

では、なぜそうしなかったのか?

期待度をMAXまで上げた見方をすると、
夏にはおまけディスクを出せない。
うみねこは今のうちに出しきってしまわなければいけない理由がある、と言う見方ができます。
つまり、夏にはもう新しいシリーズを始めてしまうつもりであり、その目処も立ってきている。

おお、これは盛り上がる。
この冬どころか次の夏がもう待ち遠しいですね。

ちなみに、期待度を普通に落とすと、制作日記より

たまには1年くらいお休みを取ろうかな、と思う反面。

とありますので休みを取りたいので今のうちに出してしまおうと言う思惑ではないかと。

まあ、ひぐらし通して6年もやってますので今更1年ぐらい余裕で待てるっちゃー待てるんですがね。

これからの07th様の活動に期待です。

PageTop

EP7以降の死体行動説

編集:クレルをクレアと呼称していた部分を直しました。 (2010.11.21)

 ひさしぶりにブログをのぞいたら応援コメントがあったのでがんばります。

 あと、「テレビでうみねこ特集やるからHPの画面使わせてよ」ってメールもらいました。
ひぐらしでもあったな。こんなこと。
11月21日NHK-BSだそうです。


 さて、EP7以降の考察です。
と、言ってもこれまでの主張とあまり変わりません。
EP7の内容は先述した記事ベアトリーチェとうみねこのルールの後半、雛ベアトにあたります。
 つまり、クレルはあくまでもライトの言うところの”動機”を担っている言うことです。

 ライトは”幻”と”土”の二つの言葉をつけてEP1~4の事件を斬って行きました。
この”幻”と”土”はそれぞれ別のルールを示しています。
そして私の主張する死体行動説は”幻”ルールに当たります。
”土”が示している事件はだいたい紗音が絡んでいるはずです。
紗音がEP7で示された事より起きている謎は”土”ルールになります。

EP1,4は”土”ルール単体の事件がないため、”幻”ルールである死体行動説でおおむね解説することができました。
EP5も”幻”ルールで動いていると考えられます。
詳しくは過去記事参照で。



 雛ベアトはクレルでした。
それでは姉ベアトはEP7では触れられていなかったでしょうか?
いいえ、姉ベアトもEP7に出ています。

 朱志香の証言したゲストハウスでの体験談がそれに値します。
 確かに紗音なら熊沢や源次を使えば朱志香が体験したことを実行できるかもしれません。
しかし、朱志香が言うようにそれを実行するとなるとまた別のお話になります。
また、真里亞のテープを使ったことも疑問です。
朱志香が本気で真里亞と話そうとしたらどうなるでしょう。
朱志香が部屋に行かなかったら一晩中ベッドの下にいるつもりだったのでしょうか。
朱志香の言うとおり、いたずらにしては手が込み過ぎている上に、それをするための動機も見えてこないのです。
 これは「そういうものがいた」と受け取るべきでしょう。


 ライトの事情聴取とクレルの独白だけでは、EP1~4でベアトリーチェが必死に戦人に魔女の存在を認めさせようとした理由が出てきません。
 ベアトリーチェはクレルだけではなくもう半身である姉ベアトの存在も認めないとベアトリーチェを理解できたとは言えないのではないでしょうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。