虚空に吠えろ!負け犬の遠吠え!!

同人サークル07th expansionを応援するブログ。 07th expansion周辺のニュース。 ゲーム『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』に関する考察。 NScripterのオリジナルスクリプトなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

死体行動説はファンタジーか?

ここ数日公式や某所に自説をまとめて投稿してきました。
これまでも何度か自説をまとめてはいましたが、まとめるたびに新しい発見があったりします。
いくらか反応ももらえて参考になりました。

色々反応をもらえた中でもっとしっかり根拠固めをしなくてはならないと思ったのが

『死体が動くなんて魔法(ファンタジー)じゃないの?』

と言う反応です。

私はその点をまとめてみました。


まず、確実なのは魔法ではないこと。
姉ベアト―偽カノン―悪食島の悪霊 には『蜘蛛の巣』と言う共通点があります。
この共通点からこれらが同じ物を指しているとすると、六軒島が悪食島と呼ばれている頃から
この現象が観測されていることになります。
魔法は魔女が使うものなので、これでは順番が逆になってしまいます。
つまり魔法ではないと言う事になります。

では、死体が動く現象はファンタジーか?
ファンタジーと言う定義がよくわからないので線引きが難しいのですが、
死体が行動すると言う前提で杭の存在理由を考察した時、杭とは死体の行動を制御するものの一端ではないかという考察ができます。
古くから現象が観察され、その対処が伝わっており、さらに道具によって制御する方法が存在する以上、
これはファンタジーではなく、人間によって制御できるテクノロジーであると考えます。

そして最後に未知のテクノロジーの存在が許されるかどうかですが、これは各自の考え方によるものになってしまいます。
私はこれまで考察してきたように死体が行動しているのではないかと言う描写と根拠を提示してきました。
自分ではこれだけ材料があれば死体が行動していることは考察可能でありフェアであると考えています。


自分の考えを他人に理解してもらうことは物語を考察するよりも難しいですね。
うまく自分の考えを伝えられないとオリスクなどをつくっても面白いものができないので一層の精進をしたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>魔法は魔女が使うものなので

違います。
魔女が使わなければ魔法でないなら、魔女見習いの真里亞が使った魔法は魔法でないことになります。
しかし、作中で魔女見習いの真里亞の魔法は、他ならぬ魔女ベアトによってしっかりと「魔法」と認められています(EP4さくたろう擬人化シーン)

| URL | 2011年02月01日(Tue)18:04 [EDIT]


ああ、その魔法がありましたね。
すっかり失念していました。失礼。

この記事はファンタジーに注目した考察ですのでここでの魔法は一般的な意味での魔法と捉えてください。

真里亞とベアトの魔法はまた別の物です。

負け犬 | URL | 2011年02月01日(Tue)22:17 [EDIT]


はじめまして。
ep4までしか終えていないのですが、こちらの記事を拝見して驚愕しています。私は負け犬さんほどの論理能力が無いので直感的にですが、これが正しいと確信しました。等と言うと呆れられるかもしれませんが、うみねこの諸々を最も合理的に説明できるのはこの悪霊=ベアト、死体行動説だけです。
私が考えたのは、普通、作者がこういう形で「魔法はあるのか、トリックなのか」「魔女なのか、人間なのか」と二者択一を読む者に迫っているように見える場合、第三の答えを必ずもってくるだろう、ということでした。
しかし、「魔法ではないが、死体を動かす方法はある(この記事でも書かれてらっしゃるように、悪霊の死体操作は「魔法」ではありません)」「魔女ではなく、悪霊である」という発想には至りませんでした。
何故これがあまり受け入れられないのかが謎です。
あまりにもびっくりしたので書き込んでしまいました。失礼致いたしました。

ななっし | URL | 2011年02月03日(Thu)18:25 [EDIT]


>ななっしさん
ありがとうございます。
残念ながら世間では「死体は常識的に動かない」と言う意見が多いようです。
私はこれが正しいと思っていますが、よそで死体行動説を唱える場合は受け入れられがたいと思ってください。
死体行動説を受け入れてくれる人は少ないので、EP8までプレイしたらご意見を聞かせてもらえるとうれしいです。

負け犬 | URL | 2011年02月03日(Thu)22:45 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。